妊娠初期

出産は多くの女性が体験しますが、その経緯や体調は人それぞれであり、全く同じことはありません。そのため、妊娠した女性は多くの不安を抱えています。明るく楽しいマタニティ生活を送り、出産を無事迎えるためのプロセスを説明します。まず妊娠初期の体調の変化や症状を紹介します。妊娠初期は1週から15週、妊娠4ヶ月までのことです。一番分かりやすい症状は月経が来ないことです。胸の張りやいつもより疲れやすい、眠たいなどの症状も出ることがありますが、月経前にも同じような症状が出ることがあるので、これだけでは判断できません。月経の予定日から1週間ほど過ぎると、「つわり」が始まることがあります。また、基礎体温をつけている場合は月経の予定日を過ぎても高温期が続くため、すぐに分かります。

月経予定日から1週間ほど過ぎたら妊娠検査薬を使うことができます。妊娠の可能性があるときは市販の薬は避け、たばこやお酒もやめて、自分の体調をよく観察しましょう。妊娠初期の体調変化は様々ですが、胸が張る、乳首の先が痛くなる、乳輪の色が濃くなるなどがあげられます。また食べ物や飲み物の好みが変わり、匂いに敏感になることがあります。食欲がなくなり、胃がもたれる、すっぱいものが食べたくなる、感情の起伏が激しくなるなどの症状に気をつけましょう。腹痛があり、便秘や下痢になる方も多くいます。妊娠の初期症状は様々ですので、気になる場合は産婦人科を受診してください。

~注目関連サイト~
出産内祝いとして人気のお米セットの通販サイトです → → → 出産内祝い セット

Copyright © 2014 出産までの経緯 All Rights Reserved.